ご紹介

鋳物とは、
加熱して溶かした金属を型に流し込み、冷えて固まった後、型から取り出して作った金属部品。
人類が金属の使用を始めた当初から使われていた技法で、川口においての鋳物の歴史は、千年以上も前にさかのぼります。
荒川という水路に恵まれた川口では、一大消費地の江戸に至近だったことから、鍋・釜・鉄瓶などの産地として名を馳せました。

金属の塊である長物製品は、重さも特徴の一つで、重くなってしまいがちなのですが、川口鋳物は鋳物製品では難しいと言われている「軽さ・強さ」を実現しています。
手作業による職人技から生まれる、Cool JAPAN製品です。

鋳物鍋は、保湿性が良く、食材にじんわり火を入れることができます。
機密性も高く、食材の水分を利用した無水調理がしやすいことや、煮る、炒める、スモークといった万能な調理方法が可能な、とっても優秀な道具なのです。